雨漏り修理

雨漏り修理

あなたの住まいを生涯サポート!
江戸川区でリフォームならReterasホーム

雨漏り修理

「雨漏り修理の目的は
家の寿命を延ばすこと」

「天井にシミがあるけど乾いているから大丈夫」

「豪雨のときだけ雨漏りするけど普段は問題ない」

こんな理由で雨漏りを放置していませんか?

雨漏りは、放置していると屋根の腐食や構造の劣化など、住まいに深刻なダメージを与えてしまいます。早めに対処することが、大切なマイホームを守り、寿命を延ばすことにつながります。

しかし雨漏り被害を止めるのは、簡単なことではありません。雨漏りは屋根から発生するとは限らず、外壁の損傷やコーキングの劣化など、いろいろな原因が考えられるためです。

雨漏りを止めるには、根本的な原因を突き止められる豊富な経験と知識が必要です。Reterasホームでは、長年培ってきた経験とノウハウを活かし、状況に応じた方法で修理いたします。雨漏りが気になるときには、お気軽にお問い合わせください。

雨漏り修理

雨漏り修理を行うメリット

・耐久性の低下を抑制する

・火災保険が使える可能性がある

耐久性の低下を抑制する

雨漏り修理は、建物の耐久性が低下するリスクを抑えられます。

建物の寿命を縮める最大の原因といえるのは雨漏りです。

雨漏りが起こっている状態は、雨水の侵入を許していることであり、場合によっては重要構造を傷める可能性が非常に高くなります。

建物を構成する部材などに水分が供給されると、腐朽やカビ、シロアリなどを発生させる原因となりやすく、早めに対処しないと耐久性を著しく低下させることがあります。

つまり、雨漏りのない状態を維持することが、建物を長持ちさせるうえで重要なポイントになるのです。

火災保険が使える可能性がある

雨漏り修理は、一定の条件を満たすことによって火災保険を使える場合があります。

その条件とは、「風災」による雨漏りであることです。

「風災」とは、台風や竜巻など、おもに強い風が発生することで起こる災害を指します。

つまり「風災」による雨漏りであることが認められると、その修理費用を火災保険で賄えるというわけです。

なお、「風災」ではない、経年劣化や施工不良などが原因で起こった雨漏りは、火災保険の補償対象にはなりません。

価格目安

屋根からの雨漏り

カバー工法 650,000円~既存の屋根材を撤去せず、その上に屋根を載せる方法です。屋根材にガルバリウム鋼板を使用した場合の価格です
葺き替え 700,000円~既存の屋根を解体して新しい屋根を施工する方法です。スレート屋根を想定した場合の価格です。

外壁からの雨漏り

外壁
防水工事
600,000円~                         外壁の下地処理や洗浄をして塗装工事をし、防水膜を作る工事の価格です。

屋根外壁の周辺付帯部の雨漏り

板金工事 40,000円~     屋根と外壁の接合部や雨どい、水切りなどに使われている板金が劣化・破損している場合の価格です。

ベランダからの雨漏り

ベランダ防水工事40,000円~          ベランダの下地処理や洗浄をして塗装工事をし、防水膜を作る工事の価格です。

窓からの雨漏り

窓サッシ工事30,000円~          既存の目地を撤去し、新たに目地を打ち込んで防水をする工事の価格です。

部分補修・応急手当

部分補修
工事
5,000円~屋根壁の劣化が軽微の場合、コーキング材などを使って部分補修のみで止まることもあります。

 

リフォームメニュー

住まいの事でお困りごとがあればReterasホームにご相談ください
オンライン相談
来店予約
お問い合わせ